買い物に行く時間がない人のネットスーパーの上手な利用方法

買い物に行く時間がない人はネットスーパーを上手に利用

>

食材代以外の節約

野菜の工夫した活用で

ネットスーパーではちょっとの隙間時間で注文ができ、夜に注文すれば翌日の指定時間に自宅に届くので安心です。
ほうれん草などの葉物などは日持ちがしないので使う量だけ購入するか、使いきれない物は下茹でして冷凍保存できます。
玉葱や人参等の根菜類は1週間以上日持ちがするので常備する野菜にすると便利で、多く購入しても大丈夫です。
野菜の価格高騰の際は、冷凍野菜や切り干し大根等の乾物を使って工夫して、食費が嵩むのを抑えることも考えましょう。
野菜には旬の時期があり、豊富に収穫でき栄養価も高いので、価格が安くなる旬の時期は利用するのも。
季節感のある献立にもなり、喜ばれるかもしれません。
節約しながらも栄養をしっかり摂ることができるので、旬はおすすめです。

使い方で乗り切る

家から出掛けることが難しい人は、家の中でインターネットでお買い物できることはかなりメリットがあります。
目の離せない小さい子どもがいたり、病気や障害がある家族のいる人や介護している人などは、時間的な制約もありできるだけ家で家事を完了できればそれに越したことはありません。
また風邪を引いたり、病気になったりした時にも便利に利用できます。
子どもや自分が少し風邪をひいていると、お買い物に出掛けるのも心配で困ります。
あるネットスーパーでは、食材や日用品と第2類医薬品も同時に購入できます。
風邪薬やマスクなどを自宅に沢山買い置いてなくても、地域によっては注文後ネットスーパーから3時間程度で届けられることもあります。
何かあった時にうまく切り抜けるプランをいつも考えておき、早急に解決できるようにすることが、子どもや高齢者のいる家庭では必要です。